• ホーム
  • VISAやIT関連銘柄は初心者には適さない

VISAやIT関連銘柄は初心者には適さない

日本円

株初心者が投資をしようとしたときには、海外銘柄のVISAであったり値動きの激しいIT関連銘柄よりは東証一部の大型株で値動きの比較的おとなしいものを選ぶのがベストです。
株初心者だからといって、海外株式を購入するのは悪いということはありませんし将来性に期待をIT関連銘柄に手を出してみるというのもリスクを許容できるのであれば悪いものではありません。

しかし、初心者というのはリスクを過小評価してしまう傾向に強いので本人はリスクを受け入れているつもりでも、気づいていない潜在的なリスクが存在しているということがあるので注意が必要です。
海外のVISAなどは非常に大きな企業であり投資対象として魅力的ですが、十分な情報を手に入れることができるかというと初心者には簡単なものではありません。
また、海外株式と言うのは手数料の面でもかなり割高になっていることが多いだけに、株初心者が最初に手を出す銘柄としてはあまり適しているとは言えないのです。

次にIT関連銘柄というのは何十倍にも株価が膨れ上がる可能性を秘めているだけに、投資対象としての魅力も大きなものがあります。
一方で企業の実態にそぐわない株価になりやすいだけに成長の可能性を見限られるとあっという間に株価が暴落をするということもあるだけに、損切りの判断などが的確にできない株初心者にとっては難易度の高い銘柄だといえます。

東証一部の大型株であれば株価が急騰をして大きく儲かるということがない代わりに、何分の一になってしまうような大暴落というのもそれほど考えにくいものとなっています。
それだけに、株初心者が投資を始めようとしたときにはこのような銘柄のほうがリスク管理の面からも優れているということになります。

関連記事