株初心者の株の選び方

話し合っているビジネスマン

株式投資を始める場合、たくさんある銘柄から何を購入していいか迷ってしまいます。
資金には限りがあるので、慎重に選ぶことが大切です。

株初心者の場合、いきなり値動きの荒い、新興市場の銘柄や取引量が少ないマイナーな銘柄を選ぶのはおすすめできません。
株式投資に馴れている人でも、売買のタイミングが難しくリスクも大きくなります。

株初心者だったら始めは、知っている会社の銘柄で取引量もそこそこある銘柄からが入口としては入りやすいでしょう。
そこそこ大きな会社なら信頼性もあり会社の情報も手に入りやすいですし、取引量があればいつでも売買しやすいです。
またある程度長期保有をしたいなら、配当利回りのいい銘柄や株主優待がある銘柄だと楽しみもあります。
ただじっと、株式の値上がりを待つだけだとあまり楽しみもありません。
もちろん、自分の持っている銘柄の株価をチェックして上がり下がりを見るのもいいかもしれませんが、せっかくなので他に楽しみがあった方がいいです。

銘柄の株価によっては、有名な会社でも高配当利回りの株式もあったりします。
株価が少々値下がりしても、配当金が出れば、それでプラスにすることもできます。
また、株主優待は、自社のサービスや商品が優待になっている場合が多いですが、会社によって様々な優待があるので、調べてみるのもおもしろいです。
こういった情報は、会社のホームページなどにも記載されていたりして、簡単に調べることができます。

せっかく株式投資を始めても、楽しくないと長続きはしません。
もちろん株価が値上がりして、利益を期待することが目的だと思います。
自分に合った投資スタイルを見つけて、株式を取引するのが大切です。

関連記事