• ホーム
  • 株初心者ならば日本や韓国の株はどうか

株初心者ならば日本や韓国の株はどうか

株初心者であれば日本や韓国の株を狙うということも出来ます。
そのような株を狙うのは事業内容がよくわかっているからです。
この事業内容が分かっているというのは、今後成長するかどうかがよくわかるという魅力があります。

例えばコンビニの例があります。
今ではコンビニを知らない人はいないぐらいによく使われるようになっていますが、100年ほど前はコンビニというのはほとんどなかったという時代がありました。
この時代にコンビニを使った人は、これは便利だと感じたはずです。
とすれば、コンビニ関連の株を買うことで、今の急成長でともに利益を上げるということもできたでしょう。
このようなことが出来るのは事業内容を実際に体感して知っているからです。
これはとても便利だとか、とてもいい事業だと感じることが出来れば、それは多くの人がそう思うであろうということが考えられるはずです。

反対に事業内容が分からなければ、なかなかいい会社というものを見つけるのは難しくなります。
いい会社かどうかというものの判断の歯はきな要素は事業内容にあると考えてもいいでしょう。
何しろ会社はその事業を行うために存在しているわけで、これがどういうものかはまず第一に考えなければならないことです。

株というものを遠くのものに感じる人も多いようですが、まずは身近なところから考えるということで、日本、若しくは韓国あたりで探してみるのもいいでしょう。
日本だけでは分からないことも韓国あたりではわかるということもあります。
視野を広く持つということは株初心者にとっても大切なことです。
初心者の段階から的を絞るということはとても難しいことですから、まずは身の回りの関心あるところから考えていくといいでしょう。

関連記事